フコイダンの摂取方法

昔から体によいと食べられてきた海藻は、中国の古い書物にも腫瘍を治すなどの記述があるといいます。そんな中、近年医学界でも注目されているのがフコイダンです。スウェーデンで発見されたフコイダンは、海藻のぬめり成分の一つです。コンブやワカメ、メカブ、モズクなどの褐藻類に含まれ、水溶性食物繊維の一種でもあります。注目されているのは、ガンや生活習慣病といった現代に多い問題に効果が期待されているためです。ここでは、フコイダンの効果的な接種方法についてまとめてみました。

フコイダンフコイダンには、コンブやメカブ、モズクなどの種類によって含有量や効果の違いがあるといわれています。最も含有量が多いと見られているのがモズクですが、種類別に異なる効果に期待できることから、複数の種類をミックスして摂取するのが効果的だという考えがあります。 現代人は、さまざまな体のトラブルに悩まされがちです。複数の問題が新たなトラブルにつながることもあり、幅広いトラブルに対応し得るフコイダンは有効活用したいところです。どのフコイダンがどの程度どのような効果を発揮するかには、研究途上な面もあります。複数種をミックスして摂取することで、これらの問題を解決できる可能性があります。

フコイダンを吸収しやすくするために、低分子にすることには疑問が持たれています。そもそもフコイダンは高分子の多糖類であり、だからこそ効果を発揮しているという考えがあります。高分子の物質が体の免疫を活性化していると考えられるのであれば、フコイダンは高分子のままで摂取するのが効果的といえるでしょう。