高分子と低分子の違い

フコイダンは、フコースを主要構成糖としている高分子多糖類です。硫酸化フコースが多く含まれているのも特長の一つで、主構成糖のフコースなどの糖類が10以上つながれていることがフコイダンらしさといえます。ところが最近では、化粧品にしても健康食品にしても、吸収しやすいことが注目されて低分子にするのがよいと考えられる風潮があります。フコイダンも、もともと高分子なのが特徴のものを分子量500以下の低分子にしたと宣伝にするケースがあるのです。

血管高分子多糖類が特徴のフコイダンを分子量500以下などの低分子にすると、多糖類ではなくなります。これでは、フコイダンの定義自体が違ってきてしまうでしょう。期待できる効果にも、違いが出てくる可能性があります。フコイダンには抗腫瘍や高血糖抑制、LDLコレステロールの減少、血管新生抑制などの生理活性が見られていますが、こうしたことも全てフコイダンが高分子多糖類であるがゆえです。

詳細なメカニズムこそ解明されきってはいませんが、抗腫瘍活性で主力説とされているのは、腸にあるリンパ装置に消化されていない高分子が取り込まれることが関係しているといわれています。高分子が取り込まれることによって免疫が活性化し、腫瘍細胞の増殖を抑えているのではないかと考えられているのです。つまり、フコイダンが高分子であるからこそ、効果が出ているというわけです。


種類別の効果

モズクやメカブなど、海藻のヌルヌル成分には、フコイダンが含まれています。フコイダンは食物繊維の一種で、多糖類です。人に本来備わっている自然治癒力を高めたり、ガンや生活習慣病などにも効果があったりすると注目されていたりします。フコイダンには他にアレルギー対策などの効果にも期待されていますが、いずれにしてもフコイダンの種類によって効果の内容が違ってくるともいわれています。

健康フコイダンの種類には、モズク由来・メカブ由来・コンブ由来などがあります。これらには構造や構成糖、含有物質に違いがあるのです。モズク由来のフコイダンは他と比べて含有量が多く、効率よくフコイダンを摂取することができます。一方、メカブ由来のフコイダンでは、フコースやガラクトースの含有量の多さに期待できます。

コンブ由来のフコイダンはぬめりが強く、抗腫瘍への高い効果に注目されています。どの種類のフコイダンを選んで目的の効果に期待するかは、専門家でも判断が難しいところです。そこで、複数種類のフコイダンをミックスすることによって、それぞれのフコイダンのメリットがプラスされる使い方も出てきています。フコイダンはガンや生活習慣病以外にも、効果が期待されていることが幅広いのが特徴です。数種類のフコイダンをミックスすることは、全身を健康にすることにつながるでしょう。


フコイダンの摂取方法

昔から体によいと食べられてきた海藻は、中国の古い書物にも腫瘍を治すなどの記述があるといいます。そんな中、近年医学界でも注目されているのがフコイダンです。スウェーデンで発見されたフコイダンは、海藻のぬめり成分の一つです。コンブやワカメ、メカブ、モズクなどの褐藻類に含まれ、水溶性食物繊維の一種でもあります。注目されているのは、ガンや生活習慣病といった現代に多い問題に効果が期待されているためです。ここでは、フコイダンの効果的な接種方法についてまとめてみました。

フコイダンフコイダンには、コンブやメカブ、モズクなどの種類によって含有量や効果の違いがあるといわれています。最も含有量が多いと見られているのがモズクですが、種類別に異なる効果に期待できることから、複数の種類をミックスして摂取するのが効果的だという考えがあります。 現代人は、さまざまな体のトラブルに悩まされがちです。複数の問題が新たなトラブルにつながることもあり、幅広いトラブルに対応し得るフコイダンは有効活用したいところです。どのフコイダンがどの程度どのような効果を発揮するかには、研究途上な面もあります。複数種をミックスして摂取することで、これらの問題を解決できる可能性があります。

フコイダンを吸収しやすくするために、低分子にすることには疑問が持たれています。そもそもフコイダンは高分子の多糖類であり、だからこそ効果を発揮しているという考えがあります。高分子の物質が体の免疫を活性化していると考えられるのであれば、フコイダンは高分子のままで摂取するのが効果的といえるでしょう。